So-net無料ブログ作成

我流オーディオ独り言-3 <NSスピーカー三昧> [我流オーディオ独り言]

我流オーディオ独り言 - その3 <NSスピーカー三昧>です。
前回ご紹介した尼崎オフィスのオーディオをグレードアップしましたので改めてご紹介致します。
いよいよNSスピーカー三昧です。
同スピーカーの導入を検討されている方の参考にでもなれば幸いです。

NS_STEREO.jpg
■大きな NSスピーカー群に取り囲まれて、中央のモニタは用をなさなくなってしまいました...。
ネットの色が違うのは、左がオリジナル、右は張替え品。いずれ左も張り替えますが、もう少しオリジナルを楽しみたくて。

***

とうとうというか、ついに、NSスピーカー最大サイズのNS-30」を入手してしまいました !!
以前にも入手のチャンスはあったのですが、その巨大さに躊躇し断念してしまいましたが、今回オークションで遭遇してしまったが最後、置き場所も考えずに落札してしまったのでした。(やはり、それほど欲しかったということです)

ご覧のようなサイズ。NS-30 の背丈は1mを超えます。B全ポスター並といえば解り易いでしょうか。以前紹介した両サイドの YS-50 も一般家庭に置くには結構大きなスピーカーですが、子供のように見えます。
これで、腰をかけて聴く分には、眼前に等身大の音面が楽しめるようになりました。

センタースピーカー JA-5101 は、以前は仮置きで鳴らしていましたが、ようやく平面バッフルを制作しました。バッフルサイズは900W×600H×50T。もう少し大きなサイズにしたかったのですが仕方ありません。横幅3.6m程の空間がNSスピーカーで埋め尽くされました。

このようなレイアウトの場合、通常スピーカーセレクタでスピーカーを切り替えて楽しむのが一般的だと思いますが、NS三昧なこの空間では、全てのスピーカーをマルチチャンネルで鳴らしています。

センタースピーカー JA-5101 はモノラルで。左右中央の NS-30 はステレオで。両サイドの YS-50 はサラウンドで。実際にはマトリックスやディレイを少しずつかけてチャンネルセパレーションを確保しています。さらに、センターのモノラルに引っ張られないよう、ディメンジョンコントロールで左右の定位を改善しています。
ステージの両サイドからセンターのソリスト(ボーカル)まで、連続した自然な定位と分解能が得られました。
普通にセンターチャンネルを追加したサラウンドシステム(ロジックの 5.1chや 7.1ch)では、左右のチャンネルセパレーションが悪くなるところを、これで回避できました。


NS-30 で興味深いのは、NSスピーカーが背面に後ろ向きに取り付けられているということ。(下写真参照)
しかも、結線はそのままなので、なんと「逆相」で鳴っている!
NSスピーカーはウーハーの役割ですが、実はフルレンジで鳴っていて、相当な中高音、倍音を発生しています。それらも逆位相で!! そもそもスピーカーの取付面も違うので、リニアフェイズとは対極にあるような設計ですね。

この、なんとも非常識的な設計の NS-30 から出てくる音が、個性的なものであることは容易に想像できると思います。現代のスピーカーが目指している「信号に忠実な」サウンドとは ひと味違うその音は、当時の YAMAHA が目指していた 独自アプローチによる「ナチュラルに聴こえる」サウンドとはこれだったんだと一聴して理解できるものです。それは、心地よい音場感を伴った自然な音。

私は、現代の「いわゆるオーディオ的な」音ではない、当時の YAMAHA が40年も前に到達していた空気感漂う このナチュラルサウンド(NS)が、大変気に入っています。

NS_STEREO2.jpg
■夜、室内光での撮影:ネットを外すとご覧の通り。見たこともないような「装置」です。

とにかく、その音は、実際に聴いていただかないと説明のしようがありません。
人によっては、40年も前の、固定エッジの、ただデカイだけのスピーカなど、聴くにも及ばないと一蹴されるかもしれませんけれどもね。

***

NS-30 が逆相ウーハーであることから、他のスピーカーと同時に鳴らすと相殺してまともな低音になりません。
ディレイをかけたり、接続を逆相にしたりと試行錯誤の末、ようやく満足できるセッティングにこぎ着けることが出来ました。

モノラルで鳴る JA-5101から響くボーカルやトランペット、ピアノなどは、大きな振動板が倍音を伴って優雅に響き、正面にピタリと定位して実にリアルです。

ステレオで鳴る NS-30 は逆結線とし、ウーハーを正相扱いにしています。(ツイーター、スコーカーは逆相)
NS-30 の1m近い巨大NSスピーカーは、ウッドベースのリアルな低音を再現するために設計されたかのようです。ウッドベースと同サイズのスピーカーと言っても過言ではありません。実際、聴きにいらしたオーディオマニアの方から、初めてリアルなウッドベースを再現するスピーカーに出逢って驚いたとの感想を頂きました。

YS-50 は、わずかにディレイをかけ、さらに逆相結線とし、ステレオセパレーションよりもさらに外側に音場を再現するような設定にしていますが、7.1ch のリヤサラウンドやフロントサラウンドのような ぼやけたサラウンドサウンドを再生している訳ではではありません。

反響音を中心としたサラウンドサウンドは、両サイドの白い柱の裏側や出窓の隅っこ、部屋の最背面(リスニングポイントの5m程後方)から、極わずかな音量で再生させています。それらは 7.1ch+5.1chアンプを駆動してマルチチャンネル対応させています。


YS-50 導入当初は 7.1ch のこれ見よがしな音場に馴染めず、2ch のピュアオーディオメインで鳴らしていましたが、本格的に NS スピーカーをセッティングするうちに、センタースピーカが外せなくなり、独自セッティングのマルチチャンネルにのめり込んでいきました。現在の横並びフロントメインスピーカー 5ch は、前方全面をステージに見立て、リアルな定位と立体音場の再現を目指しており、不自然なサラウンドサウンドとは違う、ピュアオーディオを凌駕するためのアプローチとして試行錯誤しているものです。

ツイーター類の数や、その置き場所(とてもリニアフェイズではない)からしても、ひんしゅくを買いそうですが、NS スピーカーの音源の大きさ、豊かな音場感を持ってすれば、そのようなことは大したことではないとも思えてくるのです。(もちろん、点音源の理屈、タイムドメイン理論なども、解ったつもりの上での話です)


測定用の正弦波を鑑賞するのではないのだから。録音環境も含め、千変万化の音空間を再現するのだと考えれば、リニアフェイズも、タイムドメインも、出口に於ける一つの解だとは思いますが、それにとらわれなくても別のアプローチも まだまだあるのではないかと思えるのです。
私にとっては 40年前の特異な NS スピーカーが、その可能性を教えてくれているような気がしています。



あと、一言、二言。
NS スピーカー導入をお考えの方に....
NS スピーカーは、背面開放型エンクロージャーです。スピーカーの背面空間は充分に確保する必要があります。背面の音がどのように放散されるかで、かなり音が変わりますのでご注意ください。
ただ、そのセッティングも自由度が高くセッティングの妙と言える部分です。
(壁面にピッタリ付けたり、棚に押し込んだりは間違ってもしないでやってくださいね。最低でも10cm以上の空間と、背面音の逃げ場を確保する必要があります。)

大きな振動板故、スピード感のない、いわゆる「遅い音」と思われる節がありますが、そのようなことはありませんからご安心を。固定エッジなればこそ、大きくても振動板のレスポンスは良いのです。恐らく、NS スピーカーの音を聴いたことのない人が想像で言っていることだと思います。

大音量には向かないという書き込みも見たことがありますが、少なくとも家庭での使用では、そのようなことはあり得ません。それどころか、能率は100db前後あり、小出力アンプでも極めて元気に鳴り響きます。
ただ、固定エッジ故、エレキベースの爆低音の再現はうまく出来ない場合があります。そのかわり、ウッドベースは、驚く程リアルです。

また、40年前のスピーカーです。コンディションも様々でしょう。アルニコマグネットは減磁しやすいと言われますので、コンディションによっては、本来の音が出ないかもしれません。
しかし、10セット程所有している私の経験からすると、減磁はあまり心配しなくてよいようです。
また、響きが良くなかったものでも、エージングでかなり回復したものがありました。(たぶん何十年も鳴らしてなかったのかもしれません)


NS スピーカー導入をご検討の方、程度の良い NS スピーカーとの出会いをお祈りしております。
なお、初めての NS スピーカーなら、手頃なサイズの NS-250、NS-15 あたりがおすすめです。

注)もし、気に入ってしまったが最後、「もっと大きい NS はどんな音がするんだろう」と、NS-20 や NS-30 が欲しくて欲しくて我慢できなくなるかもしれません。(私のように) そうなったとしても責任は取れませんので悪しからず(^^;)

ただ、やっぱり、サイズだけのことはありますよ。と申し上げておきましょうか。(笑)



NS-30.jpg
おまけ:ネット検索で見つけた NS-30。海外のオーディオマニアの写真です。
NS スピーカーは国内よりも海外で、ビンテージオーディオとして人気が高いそうです。




我流オーディオ独り言-4 <生音に迫る音> アップしました。


よろしければ、
我流オーディオ独り言-1 <NSスピーカーのお話-1>
我流オーディオ独り言-2 <NSスピーカーのお話-2>
もご覧ください。



nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 9

かわうち

本日、叔母の家へ行き、以前から気になってた叔母の古いステレオのスピーカーを利用すべく、自作(キット)の小型デジタルアンプを持参し、液晶テレビとSPに繋ぎました。そのときにスピーカーの裏蓋をはずして見たところ巨大なスピーカーが出現し気になって検索し、このHPにたどり着きました。ステレオ装置がヤマハYS-50です。 デジアンに繋いだ音は、定位はイマイチなのですが不思議な音ですね。何か癒される音です。40年前のモノとて捨てたもんじゃないですね。今度DVDプレーヤーを買って元音楽教師の叔母に再び音楽を楽しんでもらおうと思っています。
ところで、スピーカーコードが同じ色なので極性がわかりません。
どのようにして極性を確認されてるのか教えていただけたら幸いです。
あと中のコンデンサー等は、耐久性はどんなものでしょう?音は無事に出たのでしばらくは大丈夫かと思いますが・・・
by かわうち (2010-01-03 23:29) 

aspect

かわうち様 コメントありがとうございます。
SPコード極性の件、旧くて見えにくいかもしれませんが、+側にグレー(シルバー?)のラインが印刷されているはずです。
左右で極性が逆になると定位が完全に狂ってしまいますので、定位がイマイチなのはひょっとしたら一方だけ逆になっている可能性もありますね。
まぁ、巨大な振動板のため、小口径のような点音源ではありませんが、ツイーターは1インチのホーン型(JA-0507)がついていますから定位が大きくぼやけることは無いと思います。
ツイーターの位置は、右上になります。その辺りからの高音はしっかり出ていますでしょうか? 当方でも、いくつか所有しているものの中には、ツイーターが鳴らないものもありましたので確認して下さい。さすがに、巨大なNSスピーカーだけでは柔らかな音しかでませんので。
コンデンサの耐久性に関しては何とも言えませんが、現代のスピーカーと比べると、高域の伸びは期待できないのは仕方ないところです。ただ、きちんとツイーターが鳴っていれば、バランスの良い心地よい音ですから、不満は無いと思います。
それ以上に、NSスピーカーから出てくる、何とも言えない気持ちのよい音、ナチュラルな音波動は、他には代えがたい魅力があると感じています。おそらく、かわうち様もそのように感じられたことでしょう。
もし、高域の不足や、定位感の悪さが気になるようでしたら、少し大きめのホーン型ツイーターを別途追加すると良いかもしれません。当方でも、現在ホーンと組み合わせて鳴らしています。
YS-50をはじめ、YAMAHA のNSスピーカーシリーズは、現在では廃れてしまった特殊構造のスピーカーシステムですが、どっこい、捨てたもんではないですね。大きくて邪魔な存在と見られるかもしれませんが、こいつらとは一生ものの付き合いと感じています。
またご意見や感想などお聞かせください。

by aspect (2010-01-04 04:47) 

かわうち

早速お返事ありがとうございました。コメントを見る前だったのでグレーのラインの件は未確認(両方茶色のコードだったような)ですが、本日、また叔母の家へDVDプレーヤーとCDを持って行って来ました。やはり極性が心配だったので、裏蓋はずし、スピーカーからコンデンサーについてる赤いコードをたどり、これを+と考え接続しなおしたら、ボーカルがセンターに定位するようになりました。自分が使用するんじゃないので、これで一応ヨシとするつもりですが、今度また訪問した際には、グレーのラインを確認したいと思います。
こういう斬新なアイディアで作り上げた当時のヤマハを見直したし、こういう路線も続けて欲しいですね。叔母にはこの貴重なスピーカーを大事に使って欲しいと願っています。

by かわうち (2010-01-10 22:00) 

バブ

なつかしいですね。昔このユニットを長岡鉄男さんが平面バッフルの自作スピーカーに使って紹介していました。もともとはヤマハの電子楽器用だったと記憶しています。
by バブ (2011-03-19 14:16) 

aspect

バブさま
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、JA-5101は、YAMAHA エレクトーンに使用されていたスピーカーです。
オーディオ用途でもナチュラルサウンドと称された、YAMAHA の初代ラインナップです。
長岡氏も「実に躍動感のある、朗々と鳴るスピーカー」とコメントされていましたね。

その-4 でも書いていますが、大型の NSスピーカーの音は、本当に生々しいですよ。
機会があれば、是非、改めて聴き直してみてください。
現代のスピーカーがどこかに置き忘れてきた「なにか」を聴かせてくれると思います。

by aspect (2011-03-19 23:35) 

venzkede

ブログの記事に影響を受けてNS-230をヤフオクで落札しました。
外観はぼろぼろですが出てくる音にびっくり。
えらいまともな音で感激しています。

教えていただきたいのですが、周囲のスポンジが完全に劣化していて指で押すと粉になって落下してしまいます。
この部分の修理はどのようにすればよいのでしょうか?
末永く使いたいのでアドバイス願えれば幸いです。




by venzkede (2011-04-19 06:28) 

aspect

venzkedeさま
コメントありがとうございます。

当方に聴きにこられた方の中にも NS-230を落札された方がいらっしゃいます。
NS-30 を見た後だったため、思ったより小さかったと言ってましたが、
音は想像以上のもので、大満足だとおっしゃっていました。
venzkedeさまのところでも、伸びやかに、朗々と鳴っていることと思います。

さて、スポンジですね。
スポンジは、ネットなどが直接スピーカー枠に接触した際のビビリ発生を防止するためのもののようで、別段、無くても支障はないようです。

粉状になったスポンジは、ブラシノズルを付けた掃除機で吸い取れば綺麗になります。
オリジナル同様のスポンジ(すきま風防止用のスポンジ)を貼り直しても良いですが、
あまり見栄えが良いとは思えませんよね。
私は、ホームセンターで見つけたスポンジ系の黒色ゴムを貼ったりしています。
http://aspect.blog.so-net.ne.jp/2009-05-12 の YS-50 画像を参照下さい。

振動板表面は樹脂フィルムでラミネートされていますから、ポリメイトのような
シリコン系の液体ワックスを薄く塗り拡げて拭くと、新品のように綺麗になりますよ。

旧いものですので、表面の樹脂フィルムにシワが発生しているものも多いようです。
そのような場合は、ヘアドライヤーの熱で延ばしながら擦るように押さえると
もとに戻る場合があります。但し、振動板を傷つける恐れもありますから、慎重に、
自己責任で行ってくださいね。

この素晴らしいスピーカーを、末永く大事に鳴らしていきましょう。


by aspect (2011-04-19 13:02) 

venzkede

貴重なアドバイスありがとうございました。

確かに朗々と鳴っています。

個人的には好みですね。

今度の土日に教えていただいた内容でメンテしてみます。

by venzkede (2011-04-19 22:08) 

iPhone 4 ケース

私は同じ意見です。
by iPhone 4 ケース (2011-09-23 15:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6